時間に追われるお医者さん

2013年2月14日(木) 16:55

一般的な内科なら、受け持ち患者と言うのは20人を超えてきます。それで、多い病院では50人近くにもなりますよね。こうなると医師は、日々時間との戦いになります。当然、50番目の患者さんは最悪です(汗)。医師が余裕を持って、一人の患者さんを診ることに集中が出来ると良いですが、こうなると医療ミスはかなりの確率で増えます。それほど、医師にかかる時間的なプレッシャーがあると言うことですね。これは、他の何よりも大きいことです。 医師が、患者さんの胃カメラの挿入をしていますよね。上手く行かないで焦っています。そんな時、ナースコールで「患者さんの家族が、話を聞きたいと待っています」と言った連絡が入りますよね。それなのに、別件の用事がどんどん入ってくると言うことです。それが、医師の現状と言うことです(汗)。 医師でない私達でも、何件もの用事が重なって入ってきた時、焦ってしまいます。ちょっと頭がパニックになってしまいますよね(汗)。いつもは、しないようなミスもしてしまうと言うことに繋がります。そうなるかもしれません(汗)。医師、看護師にも同じような状況が多々あります。しかし、相手とするものが、人間であると言うことで、絶対にミスは許されませんよね。別の患者の家族との面談があります。また、外来の予約などもあります(汗)。その結果、医師の正確な判断をゆがめさせると言うことです。

あなたが看護師で転職を考えているならこちらがおすすめです。看護師求人ランキングをよくみて、職場での陰湿ないじめのない、給料の高い病院に転職しましょう。

コメントは受け付けていません。

«

»

カテゴリー

▲Pagetop